ads.txtの設置方法 |【mixhost(ミックスホスト)・mac(マック)】ユーザー向け

今日GoogleAdSenseを見てみると、こんな警告が出ていました。

Twitterを見た感じでは、最近表示されるようになった人が多いようです。

 


このように全て2019/06/04のツイートです。

 

正直なところ「ads.txt」って何!?

っていうところからのスタートだったので、この問題を「今すぐ修正するの無理や…。」と思っていました。

 

ただ、Google神さまからの広告費が突然貰えなくなったら困るので、必死に解決法を探しました。

そして解決方法を見つけました。

 

ただ…

レンタルサーバー【mixhost】使ってる人のやり方はいくら探しても出てこない…( ;∀;)

 

そこで今回自分自身で【mixhost】ユーザーでも安心のads.txt設置方法を記事にすることにしました。

 

ふぉっくす
うん…。わかったけど、前置き長すぎん…?

 

すいません。本題に入ります。

1:編集アプリを開く

Windowsユーザーは「TeraPad」

Macユーザーは「CotEditer」推奨です。

(ダウンロード自体していなかった方は、まずダウンロードが必要です。)

 

 

2:数字をコピー&ペースト

1:この数字をコピーします↓

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

2:開いたアプリに貼り付ける

 

 

3:自分のサイト運営IDをコピー&ペースト

GoogleAdSense管理画面の「アカウント」をクリックするとサイト運営者IDが表示されます。

上の画像のように、pub-以降の数字のみコピーします。

 

 

そしてコピーした数字を先ほどのアプリのpub-以降の数字の部分にペーストし、自分のIDに入れ替えます。

 

 

4:ファイル名を「ads.txt」にして保存

先ほど自分のIDに入れ替えたものを保存します。

この時のファイル名は必ず、「ads.txt」にしておきましょう。

 

5:レンタルサーバーを開き、ファイルマネージャーを選択

ここでは「mixhost」でのやり方を紹介します。

mixhostにログイン後、自分の契約したクラウドレンタルサーバーを選択し、ショートカットの中にあるファイルマネージャーを選択します。

 

 

画面左側にある「public_html」を選択

ほとんどの場合下から4つ目にあります。

 

 

自分のサイトURLを選択し、ファイルをアップロード

↑このファイルアイコンをクリックすると↓こんな感じの画面になります。

画面上部に「アップロード」ボタンがあるので、ここを選択し、ファイルのアップロードを行います。

 

アップロードが終わると「ads.txt」が追加されているので確認しておきましょう。

 

以上で手続きは終了となります。

一日くらい経つと「ads.txt」設置してくださいというアラートは消えるので、あとは消えるのを待って完了です。

 

設置できているか不安な人は「自分のサイト名/ads.txt」と検索し、

この画面が出てくればOKです。

 

\あわせて読みたい記事はこちら/

関連記事

このサイトでは5回目の申請でようやくGoogleAdSenseに合格できました。正直YMYL系のブログ要素を結構含んでいるので、一時は諦めかけたのですが、ギリギリのところで持ちこたえ何とかなりました。そこで今回合格する為のコツを掴んだので、[…]

最新情報をチェックしよう!